FC2ブログ

青い鳥見つけた

自然や生き物、神仏など、写真付のブログです。

ついに咲いたオウゴンオニユリ

ついにオウゴンオニユリが咲きました。\(^o^)/
(7月21日に撮影したものですが、ブログ更新が滞っておりまして・・・・)

2010年にムカゴを植えて2年越しです。
今年は咲かないかと思っていましたが、2株が咲いてくれました。

対馬の泉地区のオウゴンオニユリで、めしべがくるっとらせんの様に巻いているのが特徴です。

まだ株自体は小さいですが、来年はさらに大きくなってくれるよう、育てていきます。

オウゴンオニユリ-1 201207

オウゴンオニユリ-2 201207

スポンサーサイト



PageTop

あしかがフラワーパーク

先週5/12ではありますが、栃木県の「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。

藤の花が見ごろを迎え、たくさんの人でにぎわっていました。

見応えのある大藤や八重咲の藤など、予想以上にとてもきれいでしたよ。
今年はもう遅いかもしれませんが、見ごろの時期はオススメです!
現在は、バラが見ごろをむかえているようです。

来年も開花時期をチェックして、行こうと思います。


大藤
大藤

大藤2

八重咲き藤(八重黒龍藤)
八重咲藤

白藤
白藤

園内に入れてもらえなかった獅子丸は、車で待ちぼうけ。

でも帰りに原っぱで、思いっきり走らせてもらえました\(^o^)/
走る獅子丸

PageTop

2012年 オウゴンオニユリ

2010年に対馬の方からオウゴンオニユリのムカゴを送って頂いて、大切に育てていましたが、昨年の猛暑で瀕死の状態になってしまいました。

全滅かもしれないとあきらめていましたが、頑張ってくれました。
去年よりも大きくなった芽をだしてくれました!

かろうじて残っていた数株を3か所に植え替えておきましたが、そのうち2か所から芽がでていました。
現在4株を確認。

かなりうれしいぃ\(^o^)/

オウゴンオニユリは、長崎県対馬のみに自生するオニユリの変種で、黄色いオニユリ。
自生しているものはほとんどなくなっている状態で、大変貴重なユリです。

通常オニユリは種はできず、ムカゴで繁殖するのですが、オウゴンオニユリは、種もできるとてもめずらしいオニユリなのです。

オウゴンオニユリは、対馬の女連(うなつら)と泉地区に自生が確認されていたそうですが、30年くらい前に泉産は絶滅。
自生しているものはなく、栽培している方も少ないようです。

送っていただいたのは、その大変貴重な泉産もの。
泉産オウゴンオニユリは、めしべがらせん状になっているが一番特徴です。

2010年に送って頂いた時のムカゴ
2010年オウゴンオニユリムカゴ

今年出てきた芽
オウゴンオニユリ芽1

真ん中の2つがオウゴンオニユリの芽
オウゴンオニユリ芽2

多分花が咲くのは来年になると思うけれど、泉産のオウゴンオニユリはこんな花。
めしべがくるっとしています。
オウゴンオニユリの花


オウゴンオニユリではないけど、庭にユリの芽がいっぱい
ユリいっぱい

PageTop

アレカヤシの花とバッタ

アレカヤシ(たぶん)の花です。
香りは全く感じないです。

つぼみから花が出てきたところ
アレカヤシの花1

花という感じはしませんが・・・・
アレカヤシの花2

花のアップ
イカの足みたい
アレカヤシの花アップ

部屋の壁にバッタの赤ちゃんがいたので、つかまえて外に逃がそうとしたら、近くにあったアレカヤシの上にジャンプ。
小さくても結構ジャンプ力はあるようです。

そういえば、この間も同じ壁にバッタの赤ちゃんがいた。
まさか、夏の間外に出していたアレカヤシの鉢にバッタが卵を産んでいたのでは・・・・
バッタの赤ちゃん1

バッタの赤ちゃん2

PageTop

フクジュソウ

先週まだ芽が出てきたばかりと言っていたのに、フクジュソウが咲いていました。

ホームセンターで買ってきて、梅の木の根元に植えたのが、年々花数も増えてきました。

花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。

フクジュソウ1


フクジュソウ2


フクジュソウ3

PageTop

春の兆し

庭の草花が芽吹きだしました。
寒い寒いと思っていても、自然は新たな育みに向かってもう動き出しています。


白加賀
今年も梅干しを作ります。
白加賀


フクジュソウ
花屋さんでは、正月に向けてフクジュソウが販売されていますが、自然のフクジュソウはやっと芽がでてきたところです
フクジュソウ

ユリ
たしかテッポウユリだったような・・・
種類によっても芽だしの時期は全然違います。
ヤマユリなどはまだ先です。
ユリ

チューリップ
チューリップ


ムスカリ
ムスカリ


菜の花
早く咲く種類だったのでしょうか?もう咲きだしています。
食べても良し、切り花にしても良し、たくさん植えると見応えもあって近所の方にも喜ばれます。

菜の花

PageTop

今年も蘭が元気に咲いてくれました。
蘭は花が咲いている期間がとても長いので、ずっと楽しむことができます。

初期投資が結構高いですけど、それ以上の楽しみを与えてくれます。

投資を抑えるには、花が終わった後のセール品を安く買ってきて、来年以降の花を期待して育ててあげればかなりお得です。
育てる楽しみもあるので、うちはいつもこの作戦です。

胡蝶蘭ミディ
胡蝶蘭ミディ1


胡蝶蘭ミディ2


下垂性のシンビジューム サラジーン アイスキャスケード
アイスキャスケード

PageTop

シャコバサボテン

白い妖精のようなシャコバサボテンが咲いてくれました。

真っ赤な色のシャコバサボテンも綺麗ですが、淡いピンクが入った白色も優しい雰囲気があって好きです。

植物は、なんでこんな美しい花を咲かせることができるのしょうか。
不思議です。


シャコバサボテン1

シャコバサボテン2

シャコバサボテン3

PageTop

シュウメイギクと八重咲き桔梗

シュウメイキクが真っ盛りです。

シュウメイギク1

シュウメイギク2

シュウメイギク3


これは、八重咲きの桔梗
八重咲き桔梗

PageTop

ベニバナヤマシャクヤクの種

ベニバナヤマシャクヤクの種。

種というと地味なイメージがありますが、種が入っている袋の内側が真紅であり、そこに青く丸い種入っているのでとても美しく映えています。
毒々しささえ感じられるほどの鮮やかさです。

ヤマシャクヤクは、種を植えてから芽が出てくるのが2年後。
うっかりしていると、どこに植えたのか忘れてしまいます。

ヤマシャクヤクの種


今年6月に咲いた花

ヤマシャクヤク2

PageTop

トルコキキョウと季節外れのシャクナゲ

先日ホームセンターで売れ残っていた3株で100円のトルコキキョウを買ってきて庭に植えておいたら、花が咲きました。
つぼみもまだいくつもついています。
なぜ100円で売られていたのか、不思議なくらいです。


100円トルコキキョウ1

100円トルコキキョウ2

シャクナゲのつぼみが今頃でき始めています。
今年の春は咲かなかったので、今になってつぼみができはじめたのでしょうか?
このまま大きくふくらんでくれるでしょうか?

季節はずれのシャクナゲつぼみ

PageTop

八重咲きオニユリ

八重咲きオニユリ

ユリ



朝顔
朝顔

朝顔つぼみ

PageTop

ユリとキキョウ

紅スジヤマユリ(改良ヤマユリです。)
紅スジヤマユリ1

紅スジヤマユリ2


キキョウ
キキョウ1


キキョウ2


キキョウ3

PageTop

ユリ色々

ユリは優雅な花。
美人を例えて、「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言いますよね。
でも、小さなスミレだって十分綺麗です。
雑草と呼ばれる道端の花だって美しいです。

美しさを見いだせない心があるだけです。



オリエンタルリリー
オリエンタルリリー


オリエンタルリリーピンク


オリエンタルリリー黄色

テッポウユリ
てっぽうユリ

もう少ししたら、ヤマユリやオニユリが咲き出します。
今年は、カサブランカの調子があまり良くないので、咲かないかも。
可憐なササユリは、環境の好みが難しくて、今年は芽を出してくれませんでした。

キイロテントウムシ
キイロテントウムシ

PageTop

アジサイ

アジサイの季節になりましたね。
じめじめとしていますが、アジサイは元気に咲いています。

アジサイ4

アジサイc

アジサイa


伊豆の弘法大師ゆかりのお寺で頂いたアマチャです。
今年もたくさん花を咲かせてくれました。
アマチャa

アマチャb

アマチャc


家のアジサイは丸っとした種類ではないので、最後に丸っとした獅子丸です。
まん丸

PageTop

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤクが咲きました。
ころっとした感じの清楚な花です。

不思議なことに、一昨年までは白い花でした。
去年は花が咲かずがっかりしていたのですが、今年は何故か紅花に変身。


ヤマシャクヤク1

ヤマシャクヤク2

ヤマシャクヤク3

PageTop

まだ咲いている胡蝶蘭

昨年の11月から咲き始めたミディ胡蝶蘭。
なんとまだ咲いています。
さすがにそろそろ終わりの雰囲気が漂っていますが、普通タイプの胡蝶蘭が咲き出しました。

蘭は手間をかけなくても、綺麗に長く咲き続けてくれるので、かなりお徳な感じです。

ミディタイプ
ミディタイプ

普通のタイプも咲き出しました。
普通のタイプ

PageTop

花々

春のチューリップ達はもう終わってしまいましたが、次の花達の出番がやってきました。

今年のボタンはよいボタン・・・と言いたいところですが、ちょっと形が悪いような。
つぼみの時にイモムシに少しかじられていました(-_-)
「新七福神」という種類です。

ボタン20100503

ボタンのアップ


エニシダ
これ勝手に生えてきました。
結構いい香りがします。
でも毒草です。

エニシダ

【ちょこ識】

黄色の花を「金の雀」と見立てて「金雀枝」ともいいます。
この花の受粉は、下の花弁(翼弁:よくべん)に虫が乗ると、その重みで花弁が割れて雄しべと雌しべが飛び出して虫の体に花粉を付ける仕組みになっています。

中世ヨーロッパの伝説では、魔女はエニシダでつくった箒(ほうき)にまたがって空中を飛んでいたそうです。ヨーロッパでは、実用的な箒としてもつかっていたそうです。


ブルーベリーの花
夏になると甘酸っぱい実が沢山とれます。
ブルーベリーの花



梅の実(白加賀)も大夫大きくなってきました。
今年は梅酒にしようか、それとも梅干にしようか・・・

梅の実

PageTop

行者ニンニクの花

あまり見る事がない、行者ニンニクの花が咲きました。

行者ニンニクの花


こちらは、「出猩々(でしょうじょう)」という種類のもみじの花。
とても小さな花です。
葉っぱは、新芽のうちが赤くて、段々緑色に変化していく種類です。

もみじの花


イカリソウの花
イカリソウは、淫羊霍(いんようかく)という生薬で精力剤として用いられます。
イカリソウ


PageTop

雪景色

昨日、ちらちら降っていた雪。
昨晩は結構積もっていましたが、今朝は天気も良く清々しい景色となっていました。

昨晩の雪
昨晩の雪景色

梅の花と雪
梅は白加賀という品種で、この梅の実で梅干や梅酒がつくれます。
梅の花と雪

梅の花と雪2

福寿草と雪
福寿草と雪

雪がとけたら、福寿草が咲いていました。
福寿草2

福寿草アップ


福寿草つぼみ

PageTop