FC2ブログ

青い鳥見つけた

自然や生き物、神仏など、写真付のブログです。

多賀大社

滋賀県にある多賀大社には初めての参拝でしたが、偶然にも抜群のタイミングで大祓式(おおはらえしき)に参加することができました。
大祓式に参加した人は、本殿参拝までさせて頂いて、2009年の最後を飾るよい出来事でした。
・・・・・ブログの更新が進まず、まだ、昨年末の事を書いている。トホホホです。

多賀大社概略


本殿

本殿

神職行進

参列者全員に紙が渡されます。
紙配布


これが渡された紙。中には四角く切った紙がたくさん入っています。
渡された紙


四角く切ってある紙をまきます。
この時、ものすごく強い風が吹いて、これぞ紙ふぶきといった状況になりました。
地元のおじいさんも、
「こんな事は初めてだ。こりゃ~ ご利益あるわ! すごいご利益だ。地元の者が 言うんだから間違いないよ!」と言っていました。

紙ふぶき

突風


何やら、紙をちぎっています。
紙やぶり

紙ふぶきの入っていた紙を回収して箱に入れて担いで行きます。
これを川に流して、祓って下さいました。
紙が入った箱を担いでいる状態の写真は、どのカットもなぜかエラーで落ちてしまって載せることができなかったので、これは川に流した後の帰りの写真です。

箱かつぎ


笑門

スポンサーサイト



PageTop

緑色のオーブ

昨年末から、どういうわけか緑色のオーブ(たまゆら)がよく写ります。
12月31日に滋賀県の多賀大社(御祭神は、いざなぎの命、いざなみの命)に行ったあたりからの様な気もします。

以前、春日大社や諏訪大社秋宮では、紫の様な青の様なオーブがそばにいてくださいましたが、多賀大社では緑色。

今のところ、○○大社で写るオーブは色つきです。

1月2日に東京 町田市のとある公園に行った時も緑色のオーブでした。

多賀大社

多賀大社オーブ1


町田の公園
人様の迷惑になるものには、蝶が目隠しをしています。

公園オーブ1

公園オーブ2

公園オーブ3

PageTop

岡山県作楽神社

島根の清水大師寺をあとにして、次なるは岡山県津山市の作楽(さくら)神社に向かう。

ここの御祭神は、後醍醐天皇。

ご由緒(神社由緒書から抜粋)
作楽神社は、鎌倉時代に美作の守護職(大名)の館があった場所。
後醍醐天皇が北条高時のために隠岐に流される途中、この館にお宿りになった。
時に、備前の人、児島高徳は、天皇を賊から奪い勤王の義兵をあげようとして、一行を待ちかまえたが、みな失敗に終わり、単身この館に忍び込もうと企てたが、警戒厳重で成功せず。
折から館の門の前に春雨にぬれて美しく咲いていた桜の幹を削り、「天莫空勾践時非無范蠡 (天勾践(こうせん)を空しうするなかれ、時に范蠡(はんれい)なきにしもあらず)」と十字の詩を書いて立ち去った。
これは、越王の勾践が呉王の夫差と戦って敗れ、とらわれの身となっていたのを忠臣范蠡らの努力によって、呉を破ることができたという故事によるもので、後醍醐天皇を勾践に、高徳自身を范蠡にたとえて、帝(みかど)をお慰めしたのである。
翌朝、この詩を見つけた警固の賊兵は、その意味がわからず、天皇のみが解したもうて、ここにも忠義な家来がいたかと、末たのもしく思しめされたということである。

この事柄は「太平記」にも記載されています。

そして、幕末になって、ここに神社を造立しようという声がおこり、朝廷の許可を受け、作楽神社という社名が下された。


作楽神社案内


作楽神社

児島高徳の像
後醍醐天皇を助けらだせなくて、無念
児島高徳の像

これは、島根から岡山に向かう途中の高速道路から撮った、鳥取の大山(だいせん)
鳥取の大山

PageTop

清水大師寺

昨年の年末も、島根県温泉津(ゆのつ)の真言宗 清水大師寺に2泊させて頂きました。

ここは、師匠のお上人様がご住職をされているお寺です。

中国地蔵尊霊場第21番札所、石見曼荼羅観音霊場第31番札所にもなっています。

山の上にあるお寺で、日本海が見渡せ、とても絶景!!

お寺カフェや、密教宿曜教占星術、阿字観な、ハワイのロミロミ&マナワークなどもされており、NHKでも紹介されたほどです。

ご家族の方々も、毎年とても暖かく迎え入れてくださるので、自分の家に帰ってきたような感覚にさせて頂いています。

お上人様は厳しくも優しくご指導してくださるし、ご主人(もちろんお坊さん)もお寺の事なども色々教えてくださるし、お嬢様(尼さんです)の料理の腕は抜群!

ここに来ると、身も心も大満足にしてもらえます。


清水大師寺のホームページアドレスです。
掲示板や管理人さんの日記もありますよ。

http://www10.ocn.ne.jp/~daishi/


清水大師寺

お寺からの眺めです。
ちょっとくすんでいるけど、ほんと絶景です。
大きな心にさせてもらえます。


絶景

境内の南天の実
南天の実

人なつっこく、遊ぶの大好き
テト


お寺カフェ

PageTop

飼い主もびっくり! 獅子丸人気

年末から年始にかけて長距離運転をしてきましたが、途中のサービスエリアで獅子丸も一緒に休憩。

驚いたことに、やたら獅子丸は声をかけられる。

おじいさん、おばあさんや女子高生、小さい子供とあらゆる年齢層の方が寄ってくる。

極めつけは、初日の出帰りの走り屋のお兄さんが、車の中に彼女?を残してわざわざ車からおりて、獅子丸に会いにやって来た。(@_@)

ここまでくると、さすがに獅子丸人気は認めざるを得なくなる。

リュウキョウ : 獅子丸、あまりうぬぼれるなよ!

ぐっ、苦ぢぃ~
くっ、苦しい

危なかったなぁ、 もぅ。
危ないなぁ


獅子丸 : 悔しかったら、もっと遊んでくれよぉ
もっと遊んでよ


リュウキョウ : 意味不明だ、獅子丸。そんなに遊んでばっかりいる暇はないぞ!

獅子丸 : ガブッ
ガッ

ガブッ

PageTop

丹生神社と神宮寺

三重県松坂の丹生神社とすぐ横にある神宮寺です。

ここは、弘法大師様と丹生都比売(にゅうつひめ)が対面したと伝えられている石があったりと、歴史のあるところです。

丹生神社参道
丹生神社参道

弘法大師と丹生都比売の対面石
弘法大師と丹生都比売 対面石

丹生神社
丹生神社

丹生神社由来
丹生神社由来

女人高野 神宮寺
女人高野 神宮寺

神宮寺 大師堂
神宮寺大師堂

大師堂裏手にある丹生都比売神社の由来
丹生都比売神社由来

PageTop

アバター

映画 アバターを観てきました!

もちろん3Dです。
3Dではない時間もあるので、注意して下さいね。

約3時間の大作ですが、時間を忘れて見入ってしまうので、あっという間の3時間でした。
3Dの映像もとっても綺麗でしたよ。

でも映画が終わった後、3Dにやられてすこしばかりクラクラしておりました。
直後の自動車の運転はしないで下さい。(とは、どこにもかいていなかったけど・・・)

映画の内容は、見てのお楽しみ。

3D用のメガネをかけて見るのですが、メガネのレンズが汚れているので、開始前までにきれいに拭いておいたほうがはっきりくっきり快適に見れますよ。

それと、メガネをはずすと、まわりの人達みんな鼻の頭にメガネの跡がついていました


獅子丸はおもちゃで遊びながらお留守番。

おもちゃでお留守番

おもちゃでお留守番2

PageTop

おみくじ

地元の須賀神社でおみくじをひきました。

運勢は大吉

「する事なすこと幸(さいわい)の種となって、心配事なく嬉しい運ですからわき目ふらず一心に自分の仕事大事とはげみなさい。
少しでもわがままの気を起こして、色や酒におぼれるな」

神の教
「生きた親御(おやご)に御つかえすると同じ思いで神仕え(かみつかえ)
神様はおなつかしい親さまである。子を慈しむ(いつくしむ)親心をもって常に側(そば)去らず、みまもり助けて居て下さる。されば生きて居らるる親に仕える心持ちで神様を拝み嬉しい時にも、悲しい時にも御話し申して御祭りする。そして常にぴったり御一体になって居る事が肝要だ。」

たかが おみくじとあなどるなかれ。
結構、その時に必要なメッセージをいただけます。
それをどう感じ取れるかですね。
大吉とか大凶とかよりも、書かれている内容をしっかりかみしめましょう。

「いそしみし しるしは みえて ゆたかにも 黄金(こがね) なみよる 小山田(おやまだ)のさと」

ん~、よくわからない・・・・

茅の輪(ちのわ)くぐり
須賀神社茅輪

【ちょこ識】
茅の輪くぐりとは
茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うのです。

これは、蘇民将来(そみんしょうらい)の故事にちなんだものです。
蘇民将来の故事とは
北海の武搭神(たけあきのかみ)が南海の神の娘をめとろうと旅に出たが、途中で日が暮れた。
そこに将来兄弟が住んでいた。
兄の蘇民(そみん)将来は大変貧しく、弟の巨旦(こたん)将来は裕福で家や倉を百余りも持っていた。
武搭神は裕福な弟 巨旦に一夜の宿を借りようとしたが断られたので、やむなく兄の蘇民の家に泊めてもらった。兄は粟の飯で、手厚くもてなした。

武塔神は大変喜ばれ、「疫禍あれば茅の輪を作り門に懸けよ」とおおせらた。
その後、疫病が盛んに流行ったので、蘇民将来は教えられたとおりに茅の輪を揚げると、疫病は蘇民将来の家を避けて行き、一家は災厄から逃れることができた。

こうして、蘇民将来の一族は護られ、彼の子孫は後々まで大いに栄えたということです。

これにちなんで、「蘇民将来子孫也」の札をつけた茅輪や杉葉を門口に揚げておけば
疫厄除けとなり、一家は繁盛すると言われています。

(武搭神と須佐之男命は同一神仏であるという。)

地域によって、多少 蘇民将来の話に違いがありますので、興味がある方は調べてみるとおもしろいかもしれません。


PageTop

日光定例参拝

おととい、長距離ドライブから帰ってきたばかりですが、のんびりする間もなく、本日は定例の日光参拝に行ってきました。
今回は、9名での参拝です。

東照宮辺りの道路は雪はありませんでしたが、いろは坂より上の状況が心配だったので、今回は東照宮横の二荒山神社と東照宮裏手方向にある滝尾神社にお参り。
あまり参拝者も多くなく、比較的静かな日光でした。


二荒山神社の霊泉周辺はいつ来ても、とても清々しい気に満ち溢れています。

二荒山神苑


二荒山霊泉

三鈷鐃(さんこにょう)

平成20年10月に男体山山頂から出土した密教法具
三鈷鐃

滝尾神社
弘法大師様がここで修行をされていたこともあるそうです。

光が降り注いでいるみたいですね。
滝尾神社何かな

上の写真を撮った直後にもう一度撮ったものです。
滝尾神社2

雪は降っていないけど、かなり寒かったなぁ。
ちょっと手振れしているけど・・・
手振れの氷

日光市内より
日光市内から山を望む

PageTop

明けましておめでとうございます!

ちょっと遅くなってしまいましたが、みなさん明けましておめでとうございます。

獅子丸 おめでとう挨拶


12/25から栃木→三重→島根→岡山→兵庫→三重→奈良→三重→滋賀→神奈川→東京→栃木の全工程2850kmの旅に行っており、昨日帰って参りました。

獅子丸も一緒に車におとなしく乗っていましたよ。


西国(さいごく)33ヶ所観音霊場巡りもスタートです。

坂東33ヶ所観音霊場と秩父観音34ヶ所観音霊場は既にお参りしていましたが、西国は遠いのでちょっと躊躇していました。
ですが、行ける時に少しずつと思い、廻ることにしました。
坂東、秩父、西国合わせて100観音になります。

西国意外にも、今回廻ったお寺や神社を紹介していきますね。

まずは、椿大神社(つばきおおかみやしろ)

ご祭神 : 猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)

御神徳 ; 特に地まつり(地鎮祭)・方災解除・厄祓・土地家屋敷国土の御守護
  大神は亦の御名を「興玉の神」と称え奉り、神々のミタマを奮い起こす導きの神として、
先達・延命長寿・縁結び・安産、家内安全・無病息災・交通安全・警備・商工業の隆昌発展・進学・就職等
人間生活の開運。
大漁満足・航海・航空・旅行安全。

椿案内図

椿大神社本殿

椿大神社 額



別宮 椿岸神社

ご祭神 : 天之鈿女命(あめのうずめのみこと)

ご神徳 ;「鎮魂の神」「芸能の祖神」として、俳優(わざおぎ)芸事をはじめ、あらゆる芸道の向上、
縁結び・夫婦円満の守護


椿岸神社本殿

PageTop