FC2ブログ

青い鳥見つけた

自然や生き物、神仏など、写真付のブログです。

ザボンと獅子丸

毎週 お大師様に御供えを持ってきてくださる方から、ザボンを頂きました。
文旦(ブンタン)とも言います。

包装紙には、高級果実ザボンと書いてありました。

ザボンから色々な品種ができていて、グレープフルーツ、ナツミカン、ハッサクなどはザボンから交雑してできているそうです。

昔からあるボンタンアメのボンタンがこれだったんですねぇ。

大きさがこんなに大きいとは・・・・

ザボン


獅子丸と比べても、こんなにデカイ。

ザボンと獅子丸 比較

獅子丸は、こんなに顔をくっつけて、こりゃなんだろう?食べられるだろうか?と様子を伺っています。
ザボンを見る獅子丸

お大師様に御供えしたのち、どうやって頂けばよいか思案のあげく、半分に切ってみる事に・・・・
ザボンの中身

周りのわたの部分がかなり分厚い。
香りは、柑橘系でありながら、すっぱさを感じさせない、やわらかなとてもよい香りがします。

味は、甘いけど適度な酸味があり、高級果実の名にふさわしく、穏やかで風味がよく、とてもおいしい。
獅子丸もおねだりをして、少したべさせてもらいました。


スポンサーサイト



PageTop

鳥いろいろ&獅子丸

公園の鳥達です。
名前が間違っているのがあるかも。


カワセミ
カワセミ



木の実をくわえるシジュウカラ
シジュウカラ


アオジ
アオジ


ホシハジロ(中央)とキンクロハジロ(黒い鳥)
ホシハジロとキンクロハジロ


鳩を追いかけまわす獅子丸
大喜びです。
鳩を追いかける獅子丸


鳥を見つめる獅子丸。
鳥を見つめる獅子丸2


柵に頭を突っ込んで、鳥に見入っている獅子丸
鳥を見つめる獅子丸


どうしても気になる獅子丸。
気になって、なかなか前に進みません。
鳥が大好きな獅子丸です。
どうしても気になる獅子丸

PageTop

雪景色

昨日、ちらちら降っていた雪。
昨晩は結構積もっていましたが、今朝は天気も良く清々しい景色となっていました。

昨晩の雪
昨晩の雪景色

梅の花と雪
梅は白加賀という品種で、この梅の実で梅干や梅酒がつくれます。
梅の花と雪

梅の花と雪2

福寿草と雪
福寿草と雪

雪がとけたら、福寿草が咲いていました。
福寿草2

福寿草アップ


福寿草つぼみ

PageTop

おとぼけ丸

今日、獅子丸は家のなかで粗相してしまいました。

壁にオシッコしたあとを見つかって、「誰がやったの!」と言うと、怒られているのがわかるみたいで、まずいなぁって顔をします。

オシッコを拭いていると獅子丸が寄ってくるので、「誰?」って聞くと
この匂いは僕じゃないと言わんばかりに、リュウキョウの匂いをくんくん嗅いで、おとぼけです。

どこでこんな”おとぼけ”を覚えたのか。

そして、顔をジィッと見つめて、おしりプリプリして、愛想ふりまきです。

今日も獅子丸にやられてしまいました。

怒られた ガクッ。
怒られ丸

愛想振りまき作戦
愛想ふりまき

PageTop

またしても蘭

本日から、世界らん展日本大賞が東京ドームで始まりましたね。
今朝の新聞にも、らん展関連の記事がいくつか載っていました。

昨晩BSテレビでらん展の紹介をしていたので、家内に「前行ったね」と言ったら、「行っていない。伊豆かどっかでは、らんがたくさんある所を見たけどね」という返事。

先日、サンスベリアスタッキーの蜜を勇気を出してなめてみた(甘かったです)ために、何か成分に問題があって、記憶障害になったのか、夢でみたのか、原因は定かではない。


昨年の11月の終わり頃から咲き始めて現在はこんな感じになっています。
まだまだ、つぼみがあるのし、高芽からも花が咲き出したので、余裕で3ヶ月以上は楽しめます。
(このまま調子がよければ、5~6ヶ月位頑張ってくれるかなぁ)

胡蝶蘭ミディ 全体

高芽のアップ
花茎を切った後に、高芽がでることがありますが、高芽は本体を弱らせないためにも切り取って育てるのですが、リュウキョウはマニュアル通りにはやりません。
ランと話をしながら、対応しています。
(ウソです。話はできません。状態を見守っているだけです。)

胡蝶蘭 ミディ 高芽アップ

さりげなく、撮影の邪魔をして映りこむ 獅子丸
胡蝶蘭ミディ 獅子丸横切る

【ちょこ識】

胡蝶蘭の学名は、ファレノプシス(Phalaenopsis)は、ギリシャ語で『蛾のような』に由来。
花の形が蛾に似ているということのようですが、日本では蝶が舞っているように見えることから「胡蝶蘭」と呼ばれています。
蛾では、ちょっとイメージが悪いですよね。
 
原産地は、東南アジア、インドネシア、マレーシア、インドネシア、パプアニューギニア、台湾、フィリピン等。

胡蝶蘭は、熱帯の植物なので、寒さに弱いのが特徴。でも、乾燥には比較的強いです。
木などの表面に根を張って、養分を吸収する着生型のランです。空気中からの水分を吸収し、露出した根が栄養分を吸収します。
なので、根が外に露出していても、元気に育っています。むしろ、その方が自然の状態に近いのかも知れませんね。

花言葉 : 幸福の飛来、幸福が飛んでくる、あなたを愛します。

PageTop

これが本当の花でした(サンスベリアスタッキー)

昨晩サンスベリアスタッキーの花が咲いたとブログに書きましたが、花だと思っていたのはつぼみで、今朝な、な、なんと花が咲いているではありませんか!!!

昨晩ブログに書いたばっかりなのに、間違っていたとは・・・・・

気を取り直して、つぼみから、花が咲くまでの経過写真を載せてみます。

珍しいので、結構写真を撮りためていました。

花は、ほのかながら、結構良い香りがします。

2009.12.12.小さなつぼみが出てきました。
スタッキーつぼみ 2009.12.12.

2009.12.20.
スタッキーつぼみ 2009.12.20.

2009.12.25.
スタッキーつぼみ 2009.12.25..

2010.01.09. これが花だと思っていたら・・・・
スタッキーつぼみ 2010.01.09.

200.02.07.朝 これが本当の花でした。
スタッキー花 朝 2010.02.07.

2010.02.07.朝 花のアップ
スタッキー花 朝 アップ 2010.02.07.

200.02.07. つぼみから雌しべが出ています。
スッタッキーつぼみから雌しべ 2010.02.07.

2010.02.07. 蜜が結構でています。べとべとします。
スタッキー 蜜 2010.02.07.

21002.07.夜になると、花はさらに開いてきました。
スタッキー 夜 さらに開く 2010.02.07.

スタッキー 夜 2 2010.02.07.

PageTop

ランとカトレアとサンスベリアスタッキー

ランの花は2ヶ月位余裕で咲いているので、かなり楽しめます。

胡蝶蘭やシンビジウムはあまり香りはしないけれど、カトレアはかない良い香りが漂っています。

一時期マイナスイオンが発生するというので人気がでた、サンスベリアですが、これは、棒状になるスタッキーと言う種類です。
通常のサンスベリアよりもマイナスイオンの発生量は多いとか。
こちらもつくしの様な花が咲きました。

シンビジウム
シンビジュウム1

カトレア
カトレア3

カトレア2

サンスベリアスタッキーのつぼみ
サンスベリアスタッキーつぼみ

サンスベリアスタッキーの花
サンスベリアスタッキー花

眠い丸
眠い丸

眠い丸2

PageTop

雪の中の獅子丸

昨日の夜は、雪が降って寒かったですね。

今まで獅子丸は、雨や雪の日は嫌がって絶対に外に出なかったのですが、昨晩庭に出してみたところ、なんと喜んで?雪の中に出て行くではありませんか!

そこで急いでカメラを取りに戻り、獅子丸の初めての雪遊びを撮ってみました。

雪と獅子丸1

寒いとオシッコがしたくなります。
雪と獅子丸 オシッコ1


雪と獅子丸2

みんなは外でないのかなぁ。楽しいのに!
雪と獅子丸3

またオシッコです。失礼。
雪と獅子丸 オシッコ2

雪と獅子丸4

PageTop