FC2ブログ

青い鳥見つけた

自然や生き物、神仏など、写真付のブログです。

月の石

宇宙の心、波動に気持ちを合わせるべく、宇宙関連の石を紹介してみます

まずは月の石。
砂粒程度の大きさですが、れっきとした月の石。
大きさは約3mm、重さは0.16g

この月の石は、イギリス、ロンドンにあるMeteoritical Societyの規格に沿った
月の石で、I.M.C.A.(International Meteorite Collectors Association)によって、保証されています。
詳しくは、英語ですけど以下のサイトに記載されています。
http://www.imca.cc

これまでに南極から14個の月起源隕石が発見されており、そのうち7個が日本隊による発見です。南極以外ではオーストラリアで1個、サハラ砂漠で2個が発見されています。
特徴は、
玄武岩・輝緑岩・ハンレイ岩:玄武岩質の一群で、月の表層で急冷されてできた岩石です。輝緑岩・ハンレイ岩の順で深い位置でできたものです。月のクレータに内部から溶岩が流れ出し、固まって出来た岩です。

月の石ケース

月の石


鉄隕石
隕鉄(いんてつ)ともいいます。。
地球への落下率は8%前後ですが、落下後の風化にも強いため、100年以上前に落下した隕石も発見されることがあります。

主成分は鉄が約90%、ニッケル 7~15%、コバルト 0.5%前後含む。
このような金属は地球上では産出しないため、隕石か否かの判定は、ニッケルの含有量から判断されます。

鉄隕石


テクタイト
一見、涙のような、うんこのような形をしています。
隕石が衝突した時に作られる天然のガラス。
起源については、地球で形成されたものかどうかで議論されてきたが、高速で衝突した巨大な隕石のエネルギーで蒸発気化した地表の石や砂などが、上空で急冷して固まったものだと考えられています。

テクタイト


モルダバイト
チェコのモルダウ川の川岸沿いで発見されたのが名前の由来。
光に透かしてみると、深いグリーンがとても綺麗です。

モルダバイトはテクタイの一種で、巨大な隕石が地球に衝突して形成されたといわれています。
このことから、モルダバイトには宇宙のエネルギーが融合されているといわれています。
希少な石の一つで、古くから『神聖なる石』として崇められ、儀式の装飾品やお守り、魔よけなどに使用され、アーサー王の伝説の中で有名な「聖杯」はこのモルダバイドだったのではないかといわれているほどです。

モルダバイト

最後は石丸。
違った、獅子丸でした。
久しぶりにトリミングに行って、ぐったりお疲れの獅子丸でした。
石丸

スポンサーサイト



PageTop

信仰厚いおばあさんのお話し

昔々あるところに、とっても信仰厚いおばあさんが一人で住んでいました。

おばあさんは毎日、朝な夕なに神様仏様にお祈りをしておりました。
村一番の信心深い、信仰厚いおばあさんでした。

ある時、大雨が降り続き、川の水があふれ、村の家々にも水が押し寄せて、
どんどん水かさが増えてきました。

村の人達は船を出して、信心深いおばあさんを助けに行きましたが、
おばあさんは、
「私は神様仏様に守られているので大丈夫です。みなさんは早く逃げてください。」
と言って村人の助けを断ってしまいました。

その後もどんどん水かさは増えてきます。
おばあさんは水を避けるため、に家の屋根の上りました。
この時も家の神様のお札と仏様を懷にしっかりかかえて、「どうぞ村人みんなをお守り下さい。」
と祈っていました。

さっき帰って行った村人が再び戻ってきて、
「おばあさん、早く船に乗って!」
と、説得するのですが、おばあさんは、
「私は守られているから大丈夫です。」
と、いう事を聞きません。

村人は仕方なく、行ってしまいました。

そして、もう首のところまで水が来たときに、
おばあさんは、
「神様、仏様、私はこんなに信仰が厚いのになんで助けてくれないのですか」
と言いました。

すると、「あなたは、誰よりも信仰が厚く、正しく生きている。だから、2回も村人達に
助けの船を出させたではないか。」
とおっしゃられました。

おしまい。

おばあさんは、奇跡がおきて助かると思っていたのです。

でも、神仏はごく日常の生活の中で、助け舟を出してくださっているのです。
電車の中で横にいた人が話していた内容であったり、たまたま手にした本のなかに
ヒントがあったりと、気をつけていなければ見過ごしてしまうような事ばかりです。

もう一度振り返ってみたら、思い当たる事があるかもしれませんね。


獅子丸は階段を一段しか登れません。
だから、洪水がきたらすぐに助けてもらっちゃいます。
お風呂も大きらいです。
お風呂入ろう!って言うと、ふせ をして急に寝たふり、聞こえないふりをしてじっとしています。
階段を1段しか上がれない獅子丸


階段の下で助けを呼ぶ獅子丸。
間違いました。早く降りてきて遊ぼうと言っている獅子丸でした。
階段下で呼ぶ獅子丸

PageTop

段々と庭の被写体が増えてきました。

オオイヌノフグリ
雑草ですけど、小さくて結構かわいい花です。
オオイヌノフグリ


ムスカリ
これもかわいい格好していますよね。
ムスカリ

ボタンの新芽
鶏のトサカみたい・・・
ボタンの新芽

PageTop

つくし発見

庭でつくしを一本発見!
気が早いのか、出ていたのは一本だけでした。

でも春はすぐそこまでやって来ていますね。

つくし


畑わさびの花
一株しかないので、もったいなくってまだ収穫はしていませんが、茎の部分を食べるとツーンとくる辛さがあります。
畑わさび

これは、行者ニンニク
行者ニンニク


アネモネ
アネモネ


【ちょこ識】
●行者にんにく
アリシンという成分が、通常のにんにくの10倍もあるユリ科の多年草。
修験者が山中での荒修行の時に食べて、体力保持の活力源にしたといわれています。
また、これを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたともいわれています。
北海道や本州では1,500m以上で自生している野草です。
生育速度が遅く収穫までの生育期間が5年から7年と非常に長いので、希少な山菜となっています。



PageTop

大洗海岸

今日は、鹿島神宮に行く事に。

途中、大洗海岸でお弁当。
獅子丸にもドッグフードのお弁当を持っていったのですが、獅子丸は自分のお弁当を見るなり、そっぽを向く。
狙いは・・・・


大洗海岸

獅子丸のお弁当
獅子丸のお弁当

自分のお弁当にそっぽを向く獅子丸
そっぽを向く獅子丸

執念でお弁当を狙う獅子丸
完全にリュウキョウの上に乗っかってお弁当を狙っています。
執念でお弁当を狙う獅子丸

砂浜を走る獅子丸
砂浜を走る獅子丸

今日の大洗は、凄い砂嵐。
砂嵐の大洗海岸

獅子丸が走って行った先は、なぜかサーファー。
飼い主の立場は、どうなるのだ! 砂嵐でわからなくなったのか獅子丸!!
サーファーと獅子丸

獅子丸にとっては初めての楽しい海辺でした。
海辺の獅子丸

PageTop

ゴミから玉ねぎの苗

生ゴミから堆肥を作るために、専用のバケツに一旦生ゴミを入れているのですが、2週間以上ほったらかしにしておりました。

バケツの蓋が閉まらないくらいになってしまったので、さらに大きな堆肥専用容器に移したところ、なにやら長い苗の様なものを発見。

よく見ると、小さな玉ねぎの根元の部分から、芽がでて成長しているではありませんか。

早速庭に植えて、大きく成長するのを楽しみすることに。

植物の生命力には、ホント驚きます。

生ゴミから玉ねぎの苗

PageTop

テントウムシ

今日は午後から雨が降ってきたけど、暖かかったですね。
午前中、庭のシャクナゲにテントウムシが来ていました。
でも、テントウムシにとっては、まだ少し寒いみたいで、じっと固まっていました。
草花が動き出す春が来るのが待ち遠しいです。

テントウムシとシャクナゲ


テントウムシ

PageTop

獅子丸リンゴをゲット

リンゴを食べていたら机の下にポロリ。
なんでこんなに落とすのか。
決してわざと落としているわけではないのだが、獅子丸の好きなものはよく落ちる。
獅子丸の超能力か?

すかさず獅子丸は、飛びつく。
この素早さには、びっくりする。

口の小さい獅子丸は、ちょっと大きなものになると噛めないのだ。
おかげで、カメラを準備する余裕があるのだ。
小さくしてあげようと思って呼んでも、取り上げられると思うらしく、逃げ回る。
そして、呼んでも机の下にもぐりこんで動かない。
椅子の下に隠れる獅子丸

やっとの事で獅子丸を捕まえて、口からリンゴを取ろうと思っても、離さない。
リンゴを離さない獅子丸1

まだ、頑張る。
リンゴを離さない獅子丸2

絶対に取られたくない。
リンゴを離さない獅子丸3

リンゴを小さくしてもらったけど、おあづけだ(-_-)
おあづけ

早くちょうだい。
早く食べた~い

やっと食べさせてもらった(^^)
食べさせてもらった

やらせみたいによくあるけど、これが我が家の日常茶飯事。
やたら、獅子丸がネタを提供してくれる。
なので、ブログスタート時の主旨と違って、獅子丸のネタばかりになってしまう(>_<)

PageTop