FC2ブログ

青い鳥見つけた

自然や生き物、神仏など、写真付のブログです。

生れた頃の獅子丸

生れた頃の獅子丸。
生後4か月の頃です。

トイレをベッドにしていました。

生れた頃の獅子丸1


生れた頃の獅子丸4

生れた頃の獅子丸5


口のまわりは、いつもふやかしてもらったドッグフードをつけて汚していました。
生れた頃の獅子丸3

生れた頃の獅子丸6

緑色のリボンをつけてもらっています。
いつもクリクリした目で見つめています。
今でも、遊んで欲しい時や人が食べているごはんが欲しいときは、そばに来て、じっと見つめています。

生れた頃の獅子丸2

スポンサーサイト



PageTop

香椎宮

福岡県福岡市 香椎宮

御祭神 第14代天皇の仲哀天皇、神功皇后

香椎宮1


香椎宮3


香椎宮2

PageTop

山火事

昨日の火事ネタに続き、今度は本当の山火事。

秩父の三峯神社に参拝に行く途中の山道で、何やら煙が出ている。

登るにつれてだんだん煙も濃くなっていく。
山火事だ!!

さてどうするか。
三峯神社は山の頂上。
万が一、山火事が本格的になったら、ちょっとまずい。

根拠はないが、この山火事はそんなに広がらないだろう、警察も到着したようだし、ということでそのまま三峯神社に行くことに。

帰りには、山火事は治まっていました。

火事ネタはこれで終わりです。

外を歩いているときに焼身自殺の最中に遭遇したこともありますが、これはちょっと紹介できないので、火事ネタは終了とします。


三峯神社1

三峯神社2

三峯神社4

三峯神社3

PageTop

博多櫛田神社

博多総鎮守櫛田神社

神社のすぐ近くにあるビジネスホテルに泊まったのですが、夜中に火災報知器が鳴り出し、スピーカーから火災発生の自動音声が・・・
確か、6Fか7Fだったか最上階に泊まっていた。
かなり危険な状況。

ベッドから飛び起きて浴衣から着替えて、荷物をカバンに入れ全て持って部屋をでる。→着替えずに荷物なんか持たずに逃げましょう!

非常階段ではなく、なぜかエレベーターの方へ。→エレベーターに閉じ込められる危険があるので、絶対エレベーターを使ってはいけません。非常階段で降りましょう!

エレベーター来るのを待っていると、エレベーター横の部屋から外人さんが出てきて、
「すみませ~ん。間違いました。」と。

んっ?と思い、間違って火災報知機のボタンを押したのですかと聞くと、
「はい」と・・・・

部屋に戻り荷物を置いて、念の為ロビーまで非常階段で降りる。→何で今度は非常階段で降りるのか、不可思議な行動をとるリュウキョウ。

ホテルの外には着の身着のままの人たちでごった返している。

のんびりロビーに降りてきたころには、誤報であることが確認されたらしい。
それではと、非常階段で部屋に戻る。
また、浴衣に着替えてそのまま爆睡。

なかなか体験することができないような、ちょっとびっくり体験でした。

落ち着いて行動するということ以外は、やってはいけない行動事例を全て行ったリュウキョウでした。
落ち着き過ぎてもいけません!

櫛田神社とは関係ないお話になってしまいました。



博多櫛田神社1

博多櫛田神社2

博多総鎮守

霊泉鶴の井戸


博多櫛田神社3

PageTop

ホワイトセージ

ネイティブアメリカンが儀式の時に場の浄化に用いていた神聖なハーブ。

ヒーリングや石の浄化にも、この強い浄化力を持つと信じられているホワイトセージが使われています。

通常は燃やした煙で浄化させるのですが、乾燥したホワイトセージ自体がとても良い香りがするので、燃やさずにそのまま器に入れて机の上に置いたり、タンスの中に入れたりして香りを楽しんでもよいでしょう。

こんなにホワイトセージの香りいいとは思っていませんでした。
もちろん、好みもあると思いますが、自然の香りと癒しの力、おすすめです。


ホワイトセージの茎の部分をシャンパングラスに入れてみました。
ホワイトセージ茎1

ローズクォーツを載せました。
ホワイトセージ茎2


器に茎と葉の部分を入れています。
ホワイトセージ3




PageTop

今日の嬉しいこと

今日は二つ嬉しいことがありました。

一つは、兵庫県加古川市八幡町 宗佐厄神 八幡神社で、ブログ「あさぎ」さんとご縁ができた事。

なぜか2,3年前から兵庫の方とはとても縁深くなっています。


もう一つは、家のすぐ隣の畑を貸して頂けるようになった事。
獅子丸のトリミングに行こうと外に出たところ、隣の畑を整地していたので、どうしたのかと業者の方に聞いてみたところ、地主さん返すらしいとの話。
家でも建つのかなぁなんて思いながら車に乗って家を出たところ、ちょうどその時畑を管理している方がやってきたので事情を聞くと、他にも畑をやっているので、ここはもう地主さんに返そうかと思って整地しているとのこと。

それならば、家に貸していただけないかと言うと 快く、貸していただけるとのお返事。
60坪位はあるのでしょうか、週末だけの管理ではもったいないのですが、今までの狭い庭での畑(と自分だけ思っている)からこれで決別。
あのタイミングで外にでなければ、管理している方にもお会いできなかったので、絶妙なタイミングでした。

お借りする畑の神様にもご挨拶をしてから、畑に入れていただくことにします。
家の庭は花畑にしようかな。


大嫌いなトリミングに行っててさっぱりしてきた獅子丸。
またブサイク顔になってしまった。

トリミングした獅子丸

PageTop

宗像大社

福岡県宗像市 宗像大社

御祭神は天照大神の三柱の御子神である三女神
田心姫神(たごりひめのかみ)
湍津姫神(たぎつひめのかみ)
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

宗像大社2

宗像大社1

宗像大社4

高宮
古代祭場です。
普段は中に入れないのですが、中に入れて頂き参拝させていただきました。
早朝参拝はいいことがあります。
薄暗かったので、かなりぶれてしまいました。
宗像大社3

宗像大社高宮


宗像大社 舞

PageTop

霧島神宮

霧島神宮古宮址(霧島神宮古宮址天孫降臨神籬斎場)
元々は、高千穂峰と噴火口の中間にあったようですが、噴火の為に炎上。
950年に天台宗の性空上人がここ高千穂河原に再興。
1234年の噴火により災禍にあい、その後今度は真言宗の兼慶上人が再興。

後ろの山が高千穂峰です。
ここから登って行きます。
霧島神宮古宮址2


霧島神宮古宮


こちらは現在の鹿児島県霧島市 霧島神宮
御祭神
天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(あめにぎしくににぎしあまつひたかひこににぎのみこと)
霧島神宮2

霧島神宮1

霧島神宮3

PageTop

高千穂峰 天の逆鉾

九州 宮崎県高原町 高千穂峰。
天孫 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降臨されたところです。

坂本龍馬がおりょうと新婚旅行に来た場所でもあります。
龍馬は、逆鉾を引き抜いたという話も伝わっています。


高千穂峰3

高千穂峰4

高千穂峰1

高千穂峰2

天の逆鉾
約1.3mの大きさ。
だれが作ってここに刺したのか、その起源はわかっていません。

逆鉾は火山の噴火で折れてしまい、現在のものはレプリカだそうです。ただ、地中に残っている柄の部分は本物。
折れた刃の部分は、近くの神社に奉納されたけれど、その後人手を渡っているうちに、現在行方はわからなくなってしまったようです。
誰かが、家宝としてひっそりと持っているのかもしれませんね。

天の逆鉾1

天の逆鉾2

PageTop

日本ピラミッド 葦嶽山

フィルムカメラ時代に撮りためたポジフィルム(スライドフィルム)をスキャンしたので、昔の写真も紹介していきます。

広島県庄原市にある葦嶽山(あしだけやま)。
酒井勝軍に2万3000年前のピラミッドと発表され、日本ピラミッドといわれているところです。

山の形がきれいなピラミッドのようであるということだけではなく、方位石やドルメンなどの巨石が存在しています。

日本ピラミッド葦嶽山

葦嶽山案内

葦嶽山頂上
頂上の中心岩などは破壊されてしまったそうです。
葦嶽山頂上

葦嶽山からの眺め
葦嶽山からの眺め

葦嶽山は本殿で、葦嶽山から尾根伝いに150m程行った、叫鬼山に有名な巨石群があります。

神武岩
大正の初期にここに神武天皇の宝物が埋まっていると噂され、石柱を倒して宝探しをした為に、一本しか立っていません。
とても残念です。
神武岩

神武岩2

神武岩を上から見る
神武岩上から見る

神武岩のくぼみ
このくぼみに光る玉がはめ込まれていて、すぐ後ろにある鏡岩に光が反射していたと伝えられています。

神武岩のくぼみ

神武岩のくぼみに水晶玉をはめ込んでみようと思って持って行ったのですが、命がけになりそうなので当然断念。
しかたがないので、葦嶽山の頂上に置いてみました。
当然、なんの変化もありません。
水晶を持って行ったけど

鏡岩
鏡岩

方位石
東西南北に切れ目が入っているといわれているが、実際には30度ずれています。
切れ目ではなく、石そのものが冬至線を示していると解釈されています。

方位岩

ドルメン(供物台)
ドルメン(供物台)

獅子岩
エジプトでいうスフィンクスにあたるのでしょうか。
方位石の後ろにあり、冬至の日没点の方向を見ています。
ちなみにエジプトのスフィンクスは、東 春分と秋分の日に太陽が昇ってくる方向を見ているそうです。
獅子岩

獅子岩2

鷹岩
鷹岩

PageTop