FC2ブログ

青い鳥見つけた

自然や生き物、神仏など、写真付のブログです。

シャコバサボテン

白い妖精のようなシャコバサボテンが咲いてくれました。

真っ赤な色のシャコバサボテンも綺麗ですが、淡いピンクが入った白色も優しい雰囲気があって好きです。

植物は、なんでこんな美しい花を咲かせることができるのしょうか。
不思議です。


シャコバサボテン1

シャコバサボテン2

シャコバサボテン3

スポンサーサイト



PageTop

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

本日から公開のハリー・ポッターと死の秘宝 PART1を早速見てきました。

前作の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」はちょっと拍子抜けした感じでしたが、今回は映画に引き込まれてしまいました。オススメです。
内容は見てのお楽しみ。

映画が終わっても誰一人として立ち上がらない。
最後に流れる出演者やスタッフの名前がズラズラと出てきてもみんな座ったまま。
結局観客全員が幕が閉まるまで見ていました。

平日の午前中ということもあってか、観客は5、60人程度だったでしょうか。
人数が少なかったせいもあると思いますが、こんなことははじめてでした。


映画の間、獅子丸は車の中で寂しくお留守番でした(>_<)
車でお留守番獅子丸>

PageTop

少林山達磨寺

群馬県高崎市の少林山達磨寺(曹洞宗寿昌派)

霊符尊光臨の吉日である1月7日に、だるま市が行われて、大勢の参詣者で賑わいます。
世界平和を祈願して、大般若経六百巻の転読法要も厳修されます

総門
総門

観音堂
十一面観音菩薩が祀られています。
観音堂


霊符堂 本堂です。
北辰鎮宅霊符尊[ほくしんちんたくれいふそん]と達磨大師が祀られています。
霊符堂

霊符堂2


達磨堂
色々な達磨さんが展示されています。
達磨堂

PageTop

小山農業祭

今年も小山市の農業祭に行って来ました。

地元の農産物などを安く売っているので、たくさんの人でにぎわっています。

小山農業祭


小山和牛の焼肉丼をおねだりする獅子丸
小山和牛をおねだり

小山和牛
小山和牛

獅子丸、根性で小山和牛をゲット!
小山和牛をゲット

うれしいぃぃ!!
獅子丸1

落ち葉のカサカサした所が大好きです(^^♪
獅子丸2

PageTop

不思議回顧録-赤い首輪の白猫(後編)

赤い首輪の白猫の後編です。

白猫に会って、あれから1、2週間後位の頃だっただろうか。

土地を探していたのだが、気に入った物件がなかなかみつからないでいた。
そんな折、営業の方から再び連絡があり、一緒に物件を見に行くことになった。

その場所に着いてみると・・・・

白猫がその土地の片隅に座って、こちらをじっと見ている。
赤い首輪は・・・・・している!

白猫と目が合うと、すぐにどこかにゆっくり歩いて行ってしまった。

ここは、栃木。秩父で見た白猫であるはずはない。

偶然もここまで続くと、何か意味があるのではないかと思ってしまう。

気になるのは、最初の時に自分から寄ってきて足元でゴロンとしたくせに、噛みつかれた事。

白猫には気をつけた方がいいという事か。

それとも赤い首輪をした白猫を印象つける為に、噛まれたり、帰りの車の中でも見たりしたのか。

結局、その土地に決めたのであるが、悪いことはおこっていない。
むしろ、感謝するほどありがたいことばかりである。

家のすぐ近所に白猫を飼っているお宅があるので、「赤い首輪をつけていたことがありますか」と尋ねてみたのだが、首輪はつけたことがない、との事。


その時を最後に、赤い首輪をした白猫は一度も現れなくなった。


PageTop

不思議回顧録-赤い首輪の白猫(前編)

相馬中村神社で猫がでてきたので、猫にまつわるお話をします。

秩父三十四観音霊場巡りをしていた時のお話。

ある霊場に行った時、駐車場がなかったので少し離れたところに車を止めて、お寺に向かって歩いた。
途中の家の庭先にタイヤが4本積み重なっていて、その上に白猫が日向ぼっこをして寝ていた。
それを横目で見ながら、お寺に行ってお参りをすませて、また同じ道を駐車場に向かって歩いていた。

先ほどの白猫はまだ気持ちよさそうに日向ぼっこを続けている。
と、通り過ぎようとした時、白猫が起き上がってこちらに寄ってきた。
赤い首輪をしているし、恐らくその家の飼い猫なのであろう。
足元まで寄ってきたかと思うと、ゴロンとする。
人なつっこいなぁと思いながら、撫でてあげようと手を出した途端、両前足の爪をたて、腕を抱え込むように押さえつけ、手に噛みついてきたのだ。

セーターを着ていたので、腕はなんともなかったのだが、手は血が出るほど噛まれてしまった。

自分から寄ってきておいて、何をするんだこの猫は・・・と思いながらも気を取り直して、車に戻り次のお寺に向かった。

そして、何か所かのお参りをすませて帰路についた。

もうすっかり日も暮れている。

国道何号線だっただろうか? 比較的交通量も多かったが、渋滞するほどではなく車は走っている。

すると、左の歩道に白い猫が歩いている。しかも赤い首輪までしている。
その猫は、そのまま空き地に入って行った。
車は走っているので、それ以上は確認できなかったが、さっき猫に噛まれたところからはかなり車で移動しているので、絶対に同じ猫であるはずはない。

手を噛まれた印象が強かったので、空き地に入っていた猫が赤い首輪をしているように錯覚で見えたのだろうか
?ちょっと不思議な感覚を覚えながらも、今日は、赤い首輪をした白猫によく会うねぇなんて話ながら、家に帰ったのであった。

続く

こちらは、オレンジ色の首輪をしていた頃の獅子丸
家でシャンプーしてもらってぼさぼさになってしまいました。

オレンジ首輪の獅子丸ぼさぼさ

PageTop